FC2ブログ

Home > 2010年03月

2010年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

serraria:製材所 1

  • Posted by: 工房ボスキ
  • 2010-03-30 Tue 23:43:51
  • brasil
serraria1  serraria8
 アマゾン河の支流の一つ、マラカ川沿いに建つ製材所。製材所の屋根は、ブスという椰子科の植物で葺かれている。
 製材された木材は、仲買人が集荷し木材市場へ運ばれるが、時には、製材者が直接移動することもある。
 製材所での木材の価格は、伐採賃 製材所までの移動賃 製材賃を積算したもので、原価として計上されるべき木材の価格は含まれていない。木そのものに価値を置かないのは文化の違いといえるが、かたや日本では、20年ほど前の話であるが、東京・府中にある大國魂神社の欅の木は1本1億円以上と言われていた。
 しかし、製材所では手間賃だけの価格であるため、当然樹種に関係なく1ダース単位の価格で取引されているが、市場に並ぶと樹種により単価が異なる。
 問題は、上記の手間賃だけでは持続的な森林資源の活用は不可能なことである。

serraria9 serraria10
 マラカ地区には電気が来ていないため、ディーゼルエンジンを動力に、ベルトがけで複数の丸鋸を回している。この辺は、昔の木工ロクロの作業場のようで親しみがわく。
 ディーゼルエンジンは、発電機の動力としても利用されており、子供達が日本のアニメ(このときは金色のガッシュベルだった)を見たり、夜間の照明に利用されている。
 天気の良い晩、ディーゼルエンジンが止まると静寂が広がり川面には満点の星が映る。


Index of all entries

Home > 2010年03月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。